弁護士 荒木俊太

弁護士 荒木俊太

メッセージ

破産や倒産というと、「何もかも失ってしまう」というネガティブなイメージを持っている方も多いと思います。

しかし、実際は必ずしもそうではありません。

破産は、事業の継続が困難になったときに新たなスタートを切るために法律で認められた制度です。

たしかに破産をすれば会社は消滅し、資産を清算しなければいけないのは事実です。

その一方で、借金を帳消しにし、返済や取り立ての苦悩から解放されることができます。

自己資金を蓄え、再び会社を設立することもできます。

もちろん、経営者の皆様にとって大切な会社を手放すことはまさに断腸の思いであることでしょう。

お世話になった従業員や取引先への申し訳ない気持ちも大きいと思います。

しかし、会社を清算した後も経営者の方の人生は続いていきます。

そこですべてが終わりではないのです。

私は、経営者の方に、再スタート後の人生に目を向けていただくためのお手伝いをしたいと考えています。

また、早い段階で弁護士にご相談いただくことにより、破産を回避して会社を存続させるための方法が見つかる場合もあります。

まずはお気軽に弁護士にご相談ください。

再スタートのための最善策を一緒に考えていきましょう。

経歴・出身

佐賀県神埼郡吉野ヶ里町出身。

高校まで佐賀で過ごし、三田川小学校、三田川中学校、鳥栖高校を卒業しました。

その後、九州大学への進学と同時に福岡に転居し、九州大学法科大学院を修了するまで福岡で過ごしました。

その後司法試験に合格し、1年間の研修のために再び佐賀で暮らしました。

大学時代に多くの貴重な経験をさせてくれた福岡に恩返しをしたいと思い、福岡に戻ってまいりました。

福岡は食べ物がおいしく、天神・博多などの中心街は活気にあふれている一方で、糸島など自然が豊かで静かに過ごせる地域もあり、とても文化が豊かな街だと感じています。

趣味

体を動かすことが大好きで、小学校からバスケットボールを続けており、いまでも社会人のチームで活動しています。

大学からはバレーボールも始め、空いた時間には友人とバドミントンをするなど、今までいろいろなスポーツをやってきました。

歌うことも好きで、今でもときどき一人でカラオケに行くことがあります。

お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら弁護士が経営者、家族の生活を守ります。

PAGETOP