現在の状況

私は飲食店を経営しています。

お店は親戚の不動産を使わせて頂いており、従業員はおりません。

現在負債が1千万円を超えており、借入先は銀行1社からです。

個人の負債も会社の負債と同額ございます。

財産もなく、事業は数か月前から停止しており仕事もしていない為、現在貯金で生活を送っております。

ご相談内容

今の会社は、現状事業停止の状態ですので、破産するしかないと考えております。

財産もなく、貯金で生活している今、この先どうやって生活して良いのか途方に暮れております。

不動産は親戚の所有物なので、出来ましたら破産後、同じ場所で飲食店として再出発を切りたいというのが希望です。

ですが、私自身の個人の負債も、会社の負債と同額ございますので、果たしてそれが可能なのか私には分らない状態です。

そこで、法律の専門家である弁護士の先生に相談にのって頂きたいと考えました。

私の現状をお話し、これからどのように進んでいけばよいか、新しいスタートを切れるよう、どうかご一緒に考えて頂けないでしょうか。

最善の選択ができるよう、お力添えを頂けますと幸いです。

何卒、宜しくお願い致します。

弁護士からのアドバイス

弁護士向井・澤戸

現在、業務停止中とのことですが、借入先の銀行の返済はどのようになっていますでしょうか?

銀行と協議をして金利のみの支払いにしてもらい(リスケジュール)、業務を再開し、経営を立て直すということも可能かと思います。

将来的に同じ場所で飲食店を経営したいというご意向であれば、会社の財産を清算する破産という手続きよりも、現状の返済状況を確認した上で、業務再開に向けた方策を検討された方がよいでしょう。

また、仮に破産するとしても、法人・個人ともに裁判所へ納める予納金や弁護士費用が必要になります。

その際、法人の申立ての費用については法人の資産から捻出する必要がありますが、業務停止中の現状でご準備することは可能でしょうか?

その点もご確認いただく必要があります。

お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら弁護士が経営者、家族の生活を守ります。