税務申告が数年できておらず、破産ができるかどうかの相談をしたいという事例

状況

私は現在、情報通信業・産業廃棄物業の経営者をしています。


従業員は2名になり、知人に無償で事務所を借りている状態です。


負債額は1,500~2,000万円になり、複合機のリースがあります。


個人の負債も会社と同額で、財産はありません。


第1期から決算報告書がありません


税理士に頼んでいましたが、仕事をしていませんでした。


そのため、個人・法人共に税金滞納額が不明です。


また、4月から飲食店を経営していましたが、10月に閉店をしました。


その借りていた店舗とは契約をしていなかったのですが、そろそろ賃料の請求があるのではないかと思います。


ご相談内容

破産ができるかの相談をしたいと思っています。


売掛金の見込みがないので、弁護士費用等は親に援助してもらう予定です。


別の事業で、来年の1月頃に入金予定がありますが、その前に色々と動いてほしいと思っています。


来年1月に資金が用意できれば、そのときに一括で弁護士費用を払いたいと考えています。


それまでに破産申立準備(訴訟対応、建明等)をしたいと考えておりますので、ぜひご相談にのって頂きたいと思います。


よろしくお願いします。


お問い合わせはこちら

弁護士が経営者、家族の生活を守ります。メールでのご予約はこちら 弁護士が経営者、家族の生活を守ります。メールでのご予約はこちら

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。


法人破産・会社倒産の相談実績

21 代表者が死亡し、遺族が法人破産について相談された事例
20 現時点では法人破産は考えておらず、民事再生について相談された事例
19 営業停止まで負債を抱え、従業員への未払いの賃金等、今後の相談に来られた事例
18 負債を抱え事業停止している経営者が破産について相談された事例
17 社団法人の経営者のご子息が法人の負債について相談された事例
16 会社の経理担当者が、財政状況を把握された立場として、相談された事例
15 個人商店の代表が、個人は破産せず、法人のみ破産をしたいという事例
14 業績不振により経営が困難になり、会社の破産を考えているという事例
13 会社の負債、個人の負債があり、どの手続をすればいいか相談したいという事例
12 取引業者からの厳しい請求や資金がないことから破産をしたいという事例
11 銀行等の融資を受けるのが難しく、企業再生の相談をしたいという事例
10 売掛金の入金予定があり、倒産するタイミングについて相談したいという事例
9 販売不振で経営が傾き、法人破産と自己破産を考えているという事例
8 来月からの支払いが難しく、差押えされるのではと不安に思い相談された事例
7 税務申告が数年できておらず、破産ができるかどうかの相談をしたいという事例
6 民事再生を希望しているが、無理そうならば破産として相談をしたいという事例
5 返済の分割減額が難しく、すぐに相談できる事務所を探しているという事例
4 来月以降の支払いが厳しく、破産の相談をしたいという事例
3 買掛先に迷惑をかけたくないので、できれば破産はせずに再生をしたいという事例
2 会社の経営不振により、社内の対人関係にも軋轢が生じているという事例
1 今月にも店舗を閉店予定で、すぐに破産の相談ができる事務所を探している事例

福岡県弁護士会所属(登録番号29660) 弁護士 宮田卓弥 福岡市中央区渡辺通3丁目6番15号 NMF天神南ビル10階

Copyright©2015 弁護士法人たくみ法律事務所 All Rights Reserved